• Tokyo Midtown Awardとは?
  • アートコンペ
  • デザインコンペ
  • アワードニュース
  • これまでの受賞者の声
Tokyo Midtown Award 2012 結果発表

Tokyo Midtown Award 2012 結果発表

動画

  • アワードビデオ

ブログ

  • スタッフブログ

受賞結果

  • Midtown Award 2016
  • Midtown Award 2015
  • Midtown Award 2014
  • Midtown Award 2013
  • Midtown Award 2012
  • Midtown Award 2011
  • Midtown Award 2010
  • Midtown Award 2009
  • Midtown Award 2008

Tokyo Midtown Award 2012 結果発表

グランプリ【受賞作】

東京ミッドタウンは、"「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し世界に発信し続ける街"を目指す一環として、今年5回目となるTokyo Midtown Awardを開催しました。次世代を担うアーティスト・デザイナーとの出会いと応援を目指し、アートコンペ、デザインコンペの2部門を設け、幅広く参加作品を募集。若い才能を応援する登竜門となるアワードを目指し、両コンペとも39歳以下を応募要件として設定しています。結果、今回は、総計1,318件のご応募をいただきました(アートコンペ241件/デザインコンペ1,077件)。アーティスト、キュレーター、デザイナーなど第一線で活躍する審査員を迎え、厳正なる審査のもと14点の受賞作品を決定しました。それぞれの審査員からのコメントも頂いているので是非ご覧ください。

  • アートコンペ結果発表
  • デザインコンペ結果発表
Tokyo Midtown Award PDF版カタログ

トロフィー(Ver.2011 )

トロフィ−(Ver.2012 )

トロフィーはアートコンペの審査員八谷和彦氏がアートディレクションし、昨年の〈アートコンペ〉優秀賞を受賞したガラス造形作家、米元優曜氏がデザインを担当、Tokyo Midtown Award 2012のためのオリジナルの作品です。

【八谷 和彦氏コメント】

今まで秘密にしてましたが、実は起きている時の自分より寝ている自分のほうが聡明なんですよ。で、トロフィーのアイデアについて困りつつ寝ていたら、「昨年の受賞者である米元優曜さんにお願いしたら、受賞者がもらって嬉しいトロフィーになるのでは?」と閃いたので彼におねがいすることにしました。
僕が考えたのは「受賞者の今後の飛躍を願って、お題は『鳥』で」ということだけで、あとは彼におまかせです。
出来上がりを眺めつつ、さすが寝ている時の俺、と思っています。

【米元 優曜氏コメント】

鳥は、大空を自由に飛ぶことで広くこの世界を見渡す事が出来ます。
受賞者の皆様が、このミッドタウンアワードから羽ばたいて、よりクリアな視界から新たな着地点を見つけていただけたら、というような願いを込めてつくりました。
このトロフィーが、皆様の飛躍を後押してくれるラッキーアイテムとなりますように。

受賞作品展示

プラザB1Fメトロアベニュー展示スペース
【開催日時】
2012年10月26日(金)~11月25日(日)
【会場】
プラザB1Fメトロアベニュー展示スペース

東京ミッドタウン・オーディエンス賞開催「好きな作品を選んで、『縁起のいい貯金豚』をもらおう!」

「縁起のいい貯金豚」(左)ぎんとん (右)きんとん 「縁起のいい貯金豚」(左)ぎんとん (右)きんとん
昨年の会場の様子 昨年の会場の様子

【開催日時】
2012年10月26日(金)~11月4日(日)

【投票場所】
プラザB1Fメトロアベニュー展示スペース
展示会場で、お気に入りの作品に投票ができる、「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」を開催します。展示されているデザインコンペ、アートコンペ受賞作品の中から、あなたのお気に入りを選んで投票してください。最も多くの票を獲得した作品が「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」に輝きます。更に、抽選で5名様にTokyo Midtown Awardから生まれたユニークな貯金箱「縁起のいい貯金豚」(きんとん/写真右)をプレゼントします。

【結果発表】
2012年11月5日(月)にオフィシャルサイトにて

授賞式

授賞式 昨年の授賞式の様子

【開催日時】
2012年10月26日(金) 16:30~17:30

【会場】
プラザB1Fアート作品「意心帰」前特設会場

栄えある受賞者と審査員を招き、グランプリ他各賞の発表、授賞を行います。受賞者が作品へ込めた想い、審査ポイントなど、是非ご覧ください。

一般の方もご見学いただけます。

USTREAMで見る
ページの先頭へ戻る