1. 【Service】トリュフに寄り添う相乗効果のペアリング

Editor’s Eye トップへ

【Service】トリュフに寄り添う相乗効果のペアリング

【Service】トリュフに寄り添う相乗効果のペアリング Gourmet

Artisan de la Truffe Paris 副支配人 大野敦士氏

希少価値の高い最高級トリュフにこだわり、高貴で芳醇な香りを引き立たせた料理を提案するフレンチレストラン。シェフの加藤大輔氏による本場のエッセンスを注いだトリュフづくしの料理もさることながら、副支配人でありソムリエ資格を保有する大野敦士氏が選ぶワインと組み合わさってこそ、その魅力は大きく花開く。
「当店は" トリュフ" という明確なテーマがあるレストランです。最大の魅力は、その香り。前菜からメインまで幅広い料理に使用しており、いかに引き立てるかが腕の見せどころ。土のニュアンスや熟成香を感じさせるトリュフに負けないような味わいがありながら、偏り過ぎないペアリングを提案します」と、自信をのぞかせる大野氏。
現在、国立新美術館で9月3日まで開催されている展示会「ルーヴル美術館展」に関連し、トリュフ料理に寄り添う歴史あるフランスワインを提案しているという。こちらも大いに期待だ。

フレッシュトリュフを贅沢に使ったリゾット

Pick up Menu
フレッシュトリュフを贅沢に使ったリゾット¥2,376

2018年6月6日UP
※TOKYO MIDTOWN EAThink2018年vol.4掲載。
本ページの内容は本誌発行時点の情報であり、変更が生じている場合があります。詳細については各店舗にご連絡のうえ、ご確認をお願いいたします。