FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画写真展 奈良原一高 作品展『消滅した時間』

開催概要

奈良原一高は、美術家の靉嘔(あいおう)や池田満寿夫らと活動していた1956年、初の個展「人間の土地」を開催し、この写真展が大きな反響を呼んで、閉幕後、一躍、写真家と呼ばれる存在となりました。個人の視点から描き出す新しいフォト・ドキュメンタリーは、戦後日本の写真表現を切り拓き、奈良原はその旗手として活躍しました。
1960年代から80年代には国内外を拠点に精力的に作品を発表し、1990年以降は次々に病に襲われながらも、それを題材に好奇心あふれる作品を生み出しました。
本展のタイトル『消滅した時間』は1975年に出版された写真集のタイトルに由来します。
本展はこのシリーズを分岐点に1954年から74年までと1970年から2002年までの二つの時代に分けて、それぞれに〈消滅した時間〉を含む二部構成で展示します。約半世紀におよんだ奈良原一高の多彩な代表作の数々をダイジェストで展観します。

【会場】
FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館

【開催日時】
第一部 『近くて遥かな旅 1954 - 1974』
2016年6月1日(水)~7月31日(日)
第二部 『眺めの彼方 1970 - 2002』
2016年8月1日(月)~9月30日(金)

10:00~19:00(入館は18:50まで)

【休館日】
なし

【入場料】
無料

【お問い合わせ】
TEL:03-6271-3350
http://fujifilmsquare.jp/

詳細情報を見る

東京ミッドタウンにアクセス

東京ミッドタウンへのアクセス方法は、こちらをご覧ください。

アクセス方法を見る

開催中のイベントをチェック

同じ時期に開催されているイベントはイベントカレンダーでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る