1. 東京ミッドタウン・デザインハブ第64回企画展「おいしい東北パッケージデザイン展2016 in Tokyo」

イベント一覧へ

2017/3/3(金)〜3/31(金) 東京ミッドタウン・デザインハブ第64回企画展「おいしい東北パッケージデザイン展2016 in Tokyo」

デザインの力による東北地域の魅力発信をめざし、個性溢れる10社10商品の新しいパッケージデザイン案を全国のデザイナーから募集しました。仙台で発表された計215点の入選作品と受賞作品を東京で紹介します。

開催期間
2017/3/3(金)〜3/31(金)  11:00〜19:00
開催場所
東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)

oishii2016_tokyo_B1_2.jpg東北地域には、豊かな風土と歴史・文化がもたらす魅力的な地域資源と、高い技術や確かな品質を備えた商品を提供する企業・団体等がたくさんあります。しかしながら、その魅力や価値を効果的に伝え切れている例は多いとはいえません。そこで、デザインの力によって商品の魅力をより強く発信するため、東北地域の個性溢れる10社10商品の新しいパッケージデザイン案を、全国のデザイナーから募集しました。

食品のみを対象とした1年目から、2年目より日用品、今回は酒類が加わり、今年も優秀な作品は実用化・商品化を目指します。会場では、受賞・入選作品215点とともに、対象商品の特性や企業の要望、各作品のデザインコンセプトも展示します。これにより、デザインの力や役割を感じながら、多種多様なパッケージデザインをぜひご覧ください。

なお本展は、昨年仙台で開催し、好評を博した「おいしい東北パッケージデザイン展2016」の巡回展です。

【会場】
東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)

【開催日時】
2017年3月3日(金)~3月31日(金)11:00~19:00

【休館日】
会期中無休

【入場料】
無料

【お問合せ】
(公社)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
TEL:03-5770-7509

【その他】

●オープニングトーク
「地域の自立には美意識のあるデザインが必要」と、地域とクリエイターを結び、共有価値から地域経済を創出している鈴木輝隆氏を迎え、全国各地の事例をご紹介いただくほか、JAGDA会員との鼎談を通して、地域におけるパッケージデザイン開発の課題や可能性を考えます。

日時:3月3日(金)17:30-19:00(終了後レセプション 19:00-20:30予定)
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(デザインハブ内)
内 容:1. 講演「ローカルデザインと人のつながり」...鈴木輝隆(江戸川大学社会学部 特任教授)
    2. パネルディスカッション...鈴木輝隆、大黒大悟(グラフィックデザイナー)、
      古屋友章(グラフィックデザイナー)/聞き手:三輪宏子(FMS綜合研究所)
進 行:福島 治(JAGDA展覧会委員長)
参加費:無料(定員100名/要予約)
参加申込:デザインハブWebサイトより

詳細:東京ミッドタウン・デザインハブ 公式ウェブサイト
http://designhub.jp/

PICK UP EVENTS

  • MIDTOWN OPEN THE PARK 2017
    エンターテインメント
    2017/4/21(金)〜5/28(日)

    MIDTOWN OPEN THE PARK 2017

    東京ミッドタウンは、2017年4月21日(金)から5月28日(日)までの期間、ゴールデンウィークのイベント「MIDTOWN OPEN THE PARK 2017(ミッドタウンオープンザパーク)」を開催いたします。

関連イベント