1. サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》修理後初公開 神の宝の玉手箱」

イベント一覧へ

サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》修理後初公開 神の宝の玉手箱」
MAP を見る

2017/5/31(水)〜7/17(月) サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》修理後初公開 神の宝の玉手箱」

美しく飾られた箱は「玉手箱」と呼ばれました。本展は修理後初公開となる国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》を基点に現存する手箱の名品を集め、名だたる神社に伝えられた様々な神宝類とともに展示します。

開催期間
2017/5/31(水)〜7/17(月)
開催場所
ガレリア 3F MAP を見る

今も昔も、きらびやかで美しい箱は、人々を惹きつけてやみません。「手箱」はその代表格で、もともと貴人の手回り品を入れるためのものが、蒔絵や螺鈿といった当時最高の装飾技法によって飾られ、神々のお使いになる具として奉納されるようにもなります。本展は、このたび約50年ぶりに修理を行った国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》を修理後初公開することを基点に、人々が生活の中で用いてきた手箱の姿を織り交ぜつつ、特別に仕立てられた手箱についてその魅力を特集するものです。また、このたびの修理等を通して知られた、名品手箱の手間を惜しまない複雑な技法の工程と高度な技をご紹介しつつ、近現代の名工が手がけたそれら手箱の模造を通して、輝きに満ちた制作当初の姿をご覧いただきます。金や螺鈿きらめく玉なる手箱―"玉手箱"。各時代で人々を魅了し、時に神様に捧げられた技と美をご堪能ください。

玉手箱 【会場】
サントリー美術館(ガレリア3F)

【開催日時】
2017年5月31日(水)~7月17日(月・祝)
開館時間:10時~18時
※金・土、7月16日(日)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

【休館日】
火曜日(7月11日は開館)

【入場料】
(当日)一般¥1,300、大学・高校生¥1,000、中学生以下無料
(前売)一般¥1,100、大学・高校生¥800

【お問い合わせ】
TEL:03-3479-8600

【その他】
[きもの割]
きものでのご来館で¥100割引
[HP割]
ホームページ限定割引券提示で¥100割引
[携帯割]
携帯サイトの割引券画面提示で¥100割引
[あとろ割]
国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で¥100割引
※割引の併用はできません

※イベントの詳細(開催時間・料金等)は各施設の公式サイトで最新情報をご確認ください。
※お問い合わせは直接各施設にお願いいたします。
※関連プログラムに関しましては、サントリー美術館Webサイトをご覧ください。

公式サイトへ

PICK UP EVENTS

  • MID DAY WEEK
    エンターテインメント
    2017/6/23(金)〜7/2(日)

    MID DAY WEEK

    7月2日は、元日から182日、大晦日まで同じく182日。 “一年のまんなかの日(=MIDDAY)”である7月2日を「ミッドデイ(まんなかの日)」と名付け、新しい半年の始まりをお祝いするイベントを開催します。

関連イベント