1. FUJIFILM SQUARE 若手写真家応援プロジェクト【写真家たちの新しい物語】高須 力写真展「夢を跳ぶ。寺島武志、セパタクローに生きる」

イベント一覧へ

2018/9/28(金)〜10/11(木)FUJIFILM SQUARE 若手写真家応援プロジェクト【写真家たちの新しい物語】高須 力写真展「夢を跳ぶ。寺島武志、セパタクローに生きる」

スポーツをテーマに精力的に作品制作を続ける髙須 力氏の写真展

開催期間
2018/9/28(金)〜10/11(木) 10:00〜19:00
開催場所
フジフイルム スクエア(ミッドタウン・ウェスト 1F)

特設サイトへ

東南アジア発祥のセパタクローは、バドミントンと同じ広さのコートにネットを張り、プラスティックで編み込まれたボールを足や頭で扱うスポーツです。激しいネット際の攻防から空中の格闘技とも呼ばれています。1990年の第11回アジア大会で正式種目に採用され、今夏、インドネシアで開催される第18回アジア大会にも日本代表(猿飛JAPAN)が出場します。髙須氏は2004年にセパタクローに出会い、2013年からは寺島武志選手を中心に日本代表を追いかけ、競技だけはではなくプライベートにも密着。4年に一度、事実上の世界一を決めるアジア大会の頂点を目指す青年たちの熱き物語です。

高須 力写真展
■ 写真家メッセージ
アマチュアスポーツの世界において、第一線で競技を続けられる選手はほんの一握りです。オリンピックでメダルに絡むレベルになければ陸上や競泳であっても、社会人で競技を続けることは困難です。そんな日本において「セパタクロー」に魅入られた選手たちは、なぜ競技を続けるのか。セパタクローの競技としての魅力はもちろん、決して恵まれた環境ではない中で、好きなことに打ち込むことの尊さと厳しさ、仲間との絆、そして、家族の支え。私が彼らから教えてもらったことを少しでも共感していただければ幸いです。
【会場】
FUJIFILM SQUARE スペース2
【開催日時】
2018年9月28日(金)~2018年10月11日(木)
10:00~19:00
※最終日16:00まで・入館は18:50まで
【休館日】
なし
【入場料】
無料
【お問い合わせ】
TEL: 03-6271-3350
公式ウェブサイト: http://fujifilmsquare.jp/

毎週、高画質・高品質の銀塩プリント作品をお楽しみいただけます。ぜひ、素晴らしい写真をじっくりとご堪能ください。

FUJIFILM SQUARE 富士フイルムフォトサロン「8月度スケジュール」

【8月3日(金)~8月16日(木)】
スペース1 スペース2 ミニギャラリー

「夏の甲子園 名勝負・名選手」写真展

【8月17日(金)~8月23日(木)】
スペース1

日本の可動橋 ‐勝鬨橋とその仲間‐

【8月17日(金)~8月23日(木)】
スペース2

「日本の祭りフォトコンテスト」入賞作品展

【8月24日(金)~8月30日(木)】
スペース1 スペース2

2018 全日本読売写真クラブ展

【8月31日(金)~9月6日(木)】
スペース1 スペース2

全日写連フォトフェスティバル2018

FUJIFILM SQUARE 富士フイルムフォトサロン「9月度スケジュール」

【9月7日(金)~9月13日(木)】
スペース1

森井禎紹写真展「東海道五十三次祭り旅」

【9月7日(金)~9月13日(木)】
スペース2

野口貴司写真展「STAY OR GO」

【9月14日(金)~9月20日(木)】
スペース1

大貫 亘写真展「川霧の里」

【9月14日(金)~9月20日(木)】
スペース2

町田満写真展 富士憧憬~永遠に美しく~

【9月21日(金)~9月27日(木)】
スペース1

古屋行男写真展「中国雲南」

【9月21日(金)~9月27日(木)】
スペース2

四季彩美「季節の色と水風景」

【9月28日(金)~10月4日(木)】
スペース1

ハッセルブラッドフォトクラブ写真展

【9月28日(金)~10月11日(木)】
スペース2

夢を跳ぶ。寺島武志、セパタクローに生きる

  • ※入館は18:50までとなります。
  • ※イベントの詳細(開催時間・料金等)は各施設の公式サイトで最新情報をご確認ください。
  • ※お問い合わせは直接各施設にお願いいたします。

▶︎詳細情報を見る

PICK UP EVENTS

  • MIDTOWN RELAX PARK 2018
    エンターテインメント
    2018/9/14(金)〜10/8(月)

    MIDTOWN RELAX PARK 2018

    アナログ+くつろぐ=「アナろぐ」。 芝生の上でゆったり楽しむ都心の秋。 ヨガをしたり、読書をしたり、デジタルから少し離れたイベントを通して夏の疲れをリフレッシュしてみませんか。