2019/4/5(金) 20番目の新たなパブリックアートが登場!

20番目の新たなパブリックアートが登場!

「TOKYO MIDTOWN AWARD」の10回目の開催を記念し、東京ミッドタウンに新たに設置するパブリックアートを決める特別コンペ「The Best of the Best TMA Art Awards」を開催。アートコンペの歴代受賞者から35作家が参加し、石山和広さん(2010年受賞者)の作品「絵画からはなれて[磊]」が見事グランプリに決定!3月29日(金)にミッドタウン・タワーB1に恒久設置されました。迫力の作品をぜひ間近でご覧ください。

本作品は日本庭園の「石」を山によって表現したものです。「石」は日本庭園には欠かせないものですが、「石」とは山のメタファーであると作家は考えます。本作品は隅々まで精緻にフォーカスが当てられており、実際の山を肉眼で見ることとは異なる視覚体験を提供します。「写真」を超越した作品を経験していただけることを期待します。

【場所】
タワーB1F
【作品名】
絵画からはなれて[磊]
【作家名】
石山和広
【作家プロフィール】
1981年山形県生まれ。アーティスト。2008年東京藝術大学大学院美術研究科先端藝術表現専攻修了。写真を用いて絵の歴史をふまえながら平面作品の制作を行っている。近年の展示に、2019年「秀桜基金留学賞10年、そして「今」2006~2015」(岡山県立美術館/岡山)、2016年 「ヴェネチアビエンナーレ国際建築展2016」(ヴェネチアビエンナーレ日本館/ヴェネツィア、増田信吾+大坪克亘との協働)、主な受賞に、2018年「The Best of the Best TMA Art Awards」グランプリ受賞、2012年「PX3」Honorable Mention受賞。
【その他】
関連ページ:
https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/award_news/2019/0405_news.html

デザイン & アート ニュース一覧へ