Soundscape

東京ミッドタウン ガレリア BGM セレクション

東京ミッドタウン ガレリア BGM セレクション
Tokyo Midtown Galleria Soundscape
by Hiromi Uehara

世界的に活躍するカッティングエッジ・アーティストがプロデュースしている東京ミッドタウンのガレリアBGM。菊地成孔、細野晴臣、ケンイシイ、渡辺香津美、小山田圭吾、矢野顕子に続き、上原ひろみがミッドタウンの音楽空間を演出します。

上原ひろみ

上原ひろみ presents ガレリアBGM テーマ「初夏」

毎日心地よく、過ごしやすい季節となりました。
暖かい太陽と、駆け抜ける風を楽しみ、
思わずお散歩に出かけたくなるような曲たちを集めました。

  1. Dave Grusin&London Symphony Orchestra / Mountain dance
  2. Hiromi&Edmar Castaneda / Elements Air
  3. Bob James / Take me there
  4. Bob James / Joyride
  5. Larry Carlton / Ridin'the treasure
  6. The Crusaders / It happens everyday
  7. The Crusaders / Whispering pines
  8. Snarky Puppy / Gemini
  9. Snarky Puppy / Shofukan
  10. Hiromi Uehara / What will be will be
  11. Kendrick Scott Oracle / Too much
  12. Kris Bowers / Vices and Virtues
  13. Kris Bowers / ways of light (feat. josé james)
  14. José James / Lean on me
  15. 矢野顕子 / 六本木で会いましょう
上原ひろみ/Hiromi Uehara

1979年静岡県浜松市生まれ。6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。17歳の時にチック・コリアと共演。1999年にボストンのバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラークと契約し、2003年にアルバム『Another Mind』で世界デビュー。2008年にはチック・コリアとのアルバム『Duet』を発表。2011年にはスタンリー・クラークとのプロジェクト作『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』で第53回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞。2012年4月にはニューヨークの国際連合総会会議場で行われた、ユネスコ主催の「第一回インターナショナル・ジャズ・デイ」に唯一の日本人アーティストとして参加。2016年4月(日本国内では2月)には上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス名義のアルバム『SPARK』をリリースし、全米ジャズ・チャートで1位を記録。2017年6月には日本人アーティストでは唯一となるブルーノート・ニューヨークでの13年連続公演を成功させるなど、世界を舞台に毎年約150公演のツアーを続けている。日本国内でも2007年の平成18年度(第57回)芸術選奨文部科学大臣新人賞大衆芸能部門や、2008年「第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞」を受賞。2014年の日本ツアーでは全国で4万人を超える動員を記録。2015年には「フジロックフェスティバル’15」のグリーンステージに登場し、大観衆を熱狂させた。また今までにDREAMS COME TRUE、矢野顕子、東京スカパラダイスオーケストラ、熊谷和徳、レキシらとの共演ライヴも行っている。

上原ひろみ オフィシャルサイト