• Tokyo Midtown Awardとは?
  • アートコンペ
  • デザインコンペ
  • アワードニュース
  • これまでの受賞者の声
Tokyo Midtown Award 2015 結果発表

Tokyo Midtown Award 2015 結果発表

ブログ

  • スタッフブログ

受賞結果

  • Midtown Award 2016
  • Midtown Award 2015
  • Midtown Award 2014
  • Midtown Award 2013
  • Midtown Award 2012
  • Midtown Award 2011
  • Midtown Award 2010
  • Midtown Award 2009
  • Midtown Award 2008

Tokyo Midtown Award 2015 結果発表

グランプリ【受賞作】

東京ミッドタウンは、"「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し世界に発信し続ける街"を目指す一環として、今年8回目となるTokyo Midtown Awardを開催しました。次世代を担うアーティスト・デザイナーとの出会いと応援を目指し、アートコンペ、デザインコンペの2部門を設け、幅広く参加作品を募集。若い才能を応援する登竜門となるアワードを目指し、両コンペとも39歳以下を応募要件として設定しています。結果、今回は、総計1,566件のご応募をいただきました(アートコンペ250件/デザインコンペ1,316件)。アーティスト、キュレーター、デザイナーなど第一線で活躍する審査員を迎え、厳正なる審査のもと14点の受賞作品を決定しました。それぞれの審査員からのコメントも頂いているので是非ご覧ください。

  • アートコンペ結果発表
  • デザインコンペ結果発表
Tokyo Midtown Award PDF版カタログ

トロフィ−(Ver.2015 )

トロフィ−(Ver.2015 )

トロフィーはデザインコンペの審査員小山薫堂氏がディレクションし、「Tokyo Midtown Award 2008」のデザインコンペで水野学賞を受賞し、現在は水野学氏と「THE」を展開するなどプロダクトデザイナーとして活躍されている鈴木啓太氏がデザインを担当、Tokyo Midtown Award 2015のためのオリジナルの作品です。

【小山薫堂氏コメント】

今回のトロフィーのコンセプトは「喜びの継続」である。受け取ったその瞬間だけではなく、平凡な日常をワクワクさせるようなトロフィーにしたいと思った時、「祝杯」というキーワードが閃いた。ただし、すぐに飲んではいけない。「Tokyo Midtown Award」受賞という輝かしい経歴をきっかけに、人気アーティストになるであろう10年後…自分の原点を見つめ直す祝杯として使って欲しい。それゆえ、長期熟成に耐えられる最高峰の日本酒「満寿泉プラチナ」を詰めた。つまりこれは、未来の自分と乾杯するトロフィーなのだ。

【鈴木啓太氏コメント】

小山さんから日本酒を使いたいという提案があった際、そのボトルをスノードームに見立て、トロフィーにすることを思いついた。日本酒の中に浮かんだ箔が、まるで受賞者を祝福するかのようにきらきらと舞う。

受賞作品展示

プラザB1F展示スペース
【開催日時】
2015年10月14日(金)~ 11月8日(日)
【会場】
プラザB1F展示スペース

東京ミッドタウン・オーディエンス賞開催
「好きな作品を選んで、『富士山グラス』をもらおう!」

富士山グラス(2008年受賞) 富士山グラス(2008年受賞)
東京ミッドタウン・オーディエンス賞開催

展示会場で、お気に入りの作品に投票ができる、「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」を開催します。展示されているデザインコンペ、アートコンペ受賞作品の中から、あなたのお気に入りを選んで投票してください。最も多くの票を獲得した作品が「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」に輝きます。更に、作家への応援コメントを頂いた方の中から抽選で5名様にTokyo Midtown Awardデザインコンペから生まれた富士山グラスをプレゼントします。

【開催日】
2015年10月16日(金)~11月3日(火・振休)

【投票場所】
プラザB1Fアート作品「意心帰」前特設会場

【結果発表】
2015年11月6日(金)にオフィシャルサイトにて

授賞式

授賞式 昨年の授賞式の様子

【開催日時】
2015年10月16日(金) 16:30~17:30

【会場】
プラザB1Fアート作品「意心帰」前特設会場

栄えある受賞者と審査員を招き、グランプリ他各賞の発表、授賞を行います。受賞者が作品へ込めた想い、審査ポイントなど、是非ご覧ください。

一般の方もご見学いただけます。

ページの先頭へ戻る