Soundscape

東京ミッドタウン ガレリア BGM セレクション

東京ミッドタウン ガレリア BGM セレクション
Tokyo Midtown Galleria Soundscape
by Akiko Yano

世界的に活躍するカッティングエッジ・アーティストがプロデュースしている東京ミッドタウンのガレリアBGM。菊地成孔、細野晴臣、ケンイシイ、渡辺香津美、小山田圭吾に続き、矢野顕子がミッドタウンの音楽空間を演出します。

矢野顕子

矢野顕子 presents ガレリアBGM テーマ「夏」

東京の夏に、さわやかさを期待する方が無理なのはわかっているのですが、それでも少しでも湿度の低い日があったりすると、とてもうれしいものです。今回はそんな時の気持ちになって選曲してみました。
楽しんでくれるとうれしいです。

  1. いいこ いいこ(GOOD GIRL)/矢野顕子
  2. Down Home Livin'/Corey Harris & Henry Butler
  3. Empty Pool/Cibo Matto
  4. Maiden Voyage/Mark Murphy
  5. One Small Year/Shawn Colvin
  6. Tuttifrutti/Phoenix
  7. Rainy Day - (Once Upon a Dream - 1967)/The Rascals
  8. Through The Morning. Through The Night/Robert Plant & Alison Krauss
  9. David -English version-/yanokami
  10. Corner Pocket [Album Version] /Weather Report
  11. U・T/Yellow Magic Orchestra
  12. Going Home/やもり
  13. Sweet Sunny South/Noam Pikelny
  14. ホームタウンブギウギ/矢野顕子×上原ひろみ
  15. For All we Know/Nina Simone
  16. The Gathering Sky/Pat Metheny Group
  17. Porch Light/Aoife O'Donovan
  18. ひとつだけ/矢野顕子+TIN PAN
矢野顕子/Akiko Yano

青山学院高等部在学中よりジャズクラブ等で演奏、1972年頃よりティンパン・アレイ系のセッションメンバーとして活動を始める。76年にアルバム「JAPANESE GIRL」でデビュー以来、YMOとの共演、出前コンサートで見せるピアノ弾き語りをはじめ、レイ・ハラカミとのユニット「yanokami」、森山良子とのユニット「やもり」など、ジャンルを超えた音楽活動をおこなってきた。2014年3月にはSPEEDSTAR RECORDS移籍第一弾アルバム「飛ばしていくよ」発表、新世代のミュージシャン達とコラボレーションをし、一か所に留まらない活躍をしている。同年恒例のさとがえるでは、TIN PANと初の全国ツアーを行い、2015年3月にはライヴ音源を「矢野顕子+TIN PAN さとがえるコンサート」発表。
2015年9月にはニューアルバム「Welcome to Jupitar」をリリース。気鋭アーティストとの新曲に加え、自身の代表曲や歴史的な名曲を独自の視点で、変幻自在のピアノとテクノを融合したジャパンテクノポップスの傑作が完成した。

矢野顕子 オフィシャルサイト