Soundscape

東京ミッドタウン ガレリア BGM セレクション

東京ミッドタウン ガレリア BGM セレクション
Tokyo Midtown Galleria Soundscape
by Hiromi Uehara

世界的に活躍するカッティングエッジ・アーティストがプロデュースしている東京ミッドタウンのガレリアBGM。菊地成孔、細野晴臣、ケンイシイ、渡辺香津美、小山田圭吾、矢野顕子に続き、上原ひろみがミッドタウンの音楽空間を演出します。

上原ひろみ

上原ひろみ presents ガレリアBGM テーマ「春」

今回のテーマは「春」という事で、新生活をスタートさせる人たちも多いこの季節。
新しい生活が、素晴らしい冒険で満ちていますように、そんな願いを込めて選曲しました。

  1. Steve Reich / Vll Movement 5 Fast
  2. Pat Metheny Group / The heat of the day
  3. Pat Metheny Group / Have You Heard
  4. Steely Dan / Two Against Nature
  5. Donald Fagen / New Frontier
  6. Supertramp / Bloody Well Right
  7. Supertramp / The Logical Song
  8. George Duke / Genesis
  9. George Duke / 500 Miles to Go
  10. Herbie Hancock / Hang Up Your Hang Ups
  11. Herbie Hancock / Butterfly
  12. Beck,Bogert & Appice / Black Cat Moan
  13. Jeff Beck / Goodbye Pork Pie Hat
  14. Hiromi's Sonicbloom / Led Boots
  15. 矢野顕子 / 六本木で会いましょう
上原ひろみ/Hiromi Uehara

1979年静岡県浜松市生まれ。6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。17歳の時にチック・コリアと共演。1999年にボストンのバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラークと契約し、2003年にアルバム『Another Mind』で世界デビュー。2008年にはチック・コリアとのアルバム『Duet』を発表。2011年にはスタンリー・クラークとのプロジェクト作『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』で第53回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞。2012年4月にはニューヨークの国際連合総会会議場で行われた、ユネスコ主催の「第一回インターナショナル・ジャズ・デイ」に唯一の日本人アーティストとして参加。2016年4月(日本国内では2月)には上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス名義のアルバム『SPARK』をリリースし、全米ジャズ・チャートで1位を記録。2017年6月には日本人アーティストでは唯一となるブルーノート・ニューヨークでの13年連続公演を成功させるなど、世界を舞台に毎年約150公演のツアーを続けている。日本国内でも2007年の平成18年度(第57回)芸術選奨文部科学大臣新人賞大衆芸能部門や、2008年「第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞」を受賞。2014年の日本ツアーでは全国で4万人を超える動員を記録。2015年には「フジロックフェスティバル’15」のグリーンステージに登場し、大観衆を熱狂させた。また今までにDREAMS COME TRUE、矢野顕子、東京スカパラダイスオーケストラ、熊谷和徳、レキシらとの共演ライヴも行っている。

上原ひろみ オフィシャルサイト