• ホーム
  • イベント
  • 2016年
  • 東京ミッドタウン・デザインハブ第55回企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」

東京ミッドタウン・デザインハブ第55回企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」

開催概要

テクノロジーの進化とともに、変化し広がり続けるデジタルメディア。
この展覧会は、計算を主な技法としたグラフィックス、インターネットなどのデジタル環境を活動の場としたデジタルメディア作品に対象を絞って構成しています。
現在までのコンピュータとグラフィックデザインの関係を、プレデジタルメディアの時代(70年代以前)、CGの時代(80年代)、マルチメディアの時代(90年代)、ウェブ広告の時代(00年代)に分類し、コンピュータを道具ではなく環境として、あるいは素材として制作された先駆的な作品を集めました。
そして、人工知能の発達が爆発的に伸び予測不可能になるといわれている未来モデルの限界点、シンギュラリティの時代(2045年以降)を近未来ととらえ、コンピュータと人間の将来を見据えた作品や研究をご紹介します。

 

【会場】
東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー 5F)

【開催日時】
2016年1月29日(金)~2月14日(日)
11:00~19:00

【休館日】
会期中無休

【入場料】
無料

【お問い合わせ】
TEL:03-5770-7509

【その他】
シンポジウム、ギャラリーツアーを開催予定。

詳細:デザインハブWebサイト:http://www.designhub.jp

詳細情報を見る

東京ミッドタウンにアクセス

東京ミッドタウンへのアクセス方法は、こちらをご覧ください。

アクセス方法を見る

開催中のイベントをチェック

同じ時期に開催されているイベントはイベントカレンダーでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る

  • ホーム
  • イベント
  • 2016年
  • 東京ミッドタウン・デザインハブ第55回企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」