Soundscape

東京ミッドタウン 2020春の選曲

大友良英
Tokyo Midtown Galleria Soundscape
by Otomo Yoshihide

今回は春に向けて、ブラジル音楽をメインに一部北米や日本の曲もまじえつつ選曲してみました。ご存知の方はほとんどいないと思いますが、二十代のころ、ノイズやフリージャズを目指す一方で、ブラジル音楽にもハマってしまい、好きが高じてアマチュアのサンバグループに入って毎週末、低音打楽器のスルドを叩くようになり、浅草サンバカーニバルで優勝経験もあるんです。今回はそんな趣味全開の選曲です。お楽しみくださいね。

大友良英 presents ガレリア昼のBGM

  1. Ana Vilela / Trem-Bala
  2. Raphael Rabello&Dino / Conversa de Botequim
  3. Maria Bethania&Gal Costa / Sonho Meu
  4. AntonioCarlos Jobim / Pardon My English
  5. David Grubbs / Aloft
  6. Beth Carvalho / Cavaquinho Camarada
  7. Brut Bacharach / Freefall
  8. Esquivel / Sentimental Journey
  9. AntonioCarlos Jobim / She's A Carioca
  10. Roger Nichols&the small Circle of Freiend / Don't Go Breaking My Heart
  11. AntonioCarlos Jobim / Surfboard
  12. David Grubbs / A Dream To Help Me Sleep
  13. Elis Regina&Toots Thielemans / Wave
  14. Ana Vilela / Promete
  15. GuilhermeDe Brito / Folhas Secas
  16. GuilhermeDe Brito / Intriga
  17. Milton Nasciment / Maria, Maria
  18. Raphael Rabello&Dino / Sons de Carrilhŏes
  19. Wayne Shorter / Ponta De Areia
  20. 矢野顕子 / 六本木で会いましょう

大友良英 presents ガレリア夜のBGM

  1. AntonioCarlos Jobim / Dindi
  2. Roger Nichols&the small Circle of Freiend / I Can See Only You
  3. AntonioCarlos Jobim / Só Tinha De Ser Com Você
  4. Elis Regina&Tom Jobim / Chovendo Na Roseira
  5. Beth Carvalho / Se Voce Me Ouvisse
  6. Brut Bacharach / (They Long To Be) Close To You
  7. Tenniscoats / Korin
  8. Wayne Shorter / Tarde
  9. 佐藤紀雄&佐藤秀徳 / 上を向いて歩こう
  10. AntonioCarlos Jobim / A Felicidade
  11. Elis Regina&Tom Jobim / So Tinha De Ser Com Voce
  12. Elis Regina&Toots Thielemans / Aquarela De Brasil
  13. Kell Smith /Era Uma Vez
  14. Milton Nasciment / Mistérios
  15. Philippe Fretun & Michel Benita/Mass Medium
  16. 上原ひろみ / Green Tea Farm 2019
大友良英/Otomo Yoshihide 音楽家

1959年横浜生まれ。十代を福島市で過ごす。映画やテレビの音楽を山のように作りつつ、ノイズや即興の現場がホームの音楽家。ギタリスト、ターンテーブル奏者でもありポップスから芸術祭に至るまでのディレクションやプロデュースも。活動は日本のみならず欧米、アジアと多方面にわたる。美術と音楽の中間領域のような展示作品や一般参加のプロジェクトやプロデュースワークも多数。山口情報芸術センターや水戸芸術館ではENSEMBLESの名のもと、音楽とアートと市民のコラボレーションを手がけ、震災後は故郷の福島で市民とともにプロジェクトFUKUSHIMA!を立ち上げ、現在に至るまで様々な活動を継続中。またその活動で2012年には芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞してる。2013年「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞ほか数多くの賞を受賞。2014年よりアンサンブルズ・アジアのディレクターとしてアジア各国の音楽家のネットワークづくりに奔走中。東京では2015年からアーツカウンシル東京主催による「アンサンブルズ東京」で、誰でも参加できる音楽会を東京タワー前広場で開催するなど、音楽におさまらない多岐な活動でも注目される。また2017年には札幌国際芸術祭の芸術監督を務める。2019年NHK大河ドラマ「いだてん」の音楽を担当。また福島を代表する夏祭り「わらじまつり」改革のディレクターも務めた。

大友良英 オフィシャルサイト