デザインコンペ

デザインコンペ

FAQ

応募について

  • 応募資格に39歳以下までと記載されていますが、なぜでしょうか?
  • 若いアーティスト、デザイナーとの出会いと応援を目指しているため、年齢制限39歳以下とさせていただいております。
  • 「作品案は、応募者自身のオリジナルであり、国内外で自作未発表のものに限ります。」とありますが、過去に海外のコンペで落選したものを改善して提出したいのですが、宜しいでしょうか?
  • 応募要領に「他のコンペ等に過去に応募したもの、および現在応募しているものは応募できません。」とあるように、同一のものは応募できません。ご質問には「改善して」とありますが、どこまでが「同一か」「改善か」などの判断は主催者はいたしません。応募者が判断してください。
  • 一人で複数の作品案を応募することは可能ですか?
  • 応募点数に制限はありません。一人何点でも応募することができます。
  • 一人の人が個人として、また同一人物が団体の一員として、個人と団体の両方に出品することは可能でしょうか。
  • 個人と、団体で出品する作品がまったく別のものであれば、両方に応募していただけます。
  • 応募できないジャンルはありますか? 食品なども応募できますか?
  • テーマに即したものであればジャンルに制限はありません。ただし所定の「プレゼンテーションシート」1枚で表現ができるものに限られます。
  • 子どもでも応募できますか?
  • 応募できます。ただし、アイデアやプレゼンテーションシートの作図は本人によるものとし、大人が代行することはできません。また、応募者が未成年の場合、応募用紙の同意欄には親権者の署名・捺印が必要となります。
  • 現在日本にいる留学生は応募できますか?
  • 応募段階で39歳以下の方であれば応募できます。国籍は問いません。ただし、展示準備期間(8月下旬~10月中旬予定)に日本に在住または滞在していること、授賞式・記念パーティー:2017年10月13日(金)に東京ミッドタウンへ来館できることが条件になります。また、応募用紙は日本語で記載してください。
  • グループでの応募の場合、人数の制限はありますか?
  • 特に制限はありません。全員のお名前を応募用紙の「共同制作者欄」に記載してください。ただし、受賞された場合、文字数制限等の関係で受賞者のクレジット表記を全員分出せない場合があります。

応募用紙について

  • 複数応募する際は、応募用紙は1枚でも良いのですか?
  • いいえ、必ず作品案1点につき1枚が必要になります。なお応募用紙とプレゼンテーションシートはセットとし、応募用紙とプレゼンテーションシートの裏面同士を重ね、「右上をステープラー」で留めてから提出してください。
  • 応募用紙に記載した情報の中で受賞した場合、どの項目が公開されますか?
  • 受賞した場合のみ、氏名、年齢、経歴は印刷物やホームページなどで公表する予定です。詳細は受賞が決まった段階で、再度主催者より確認をいたします。
  • 提出後に引っ越しをしたので、連絡先が変わってしまいました。どうすればよいでしょうか?
  • 登録番号と変更箇所を記した紙を添え、再度応募用紙を事務局まで郵送してください。なお、メール、FAX等での受付はいたしません。
  • 捺印のみでも良いでしょうか?
  • いいえ、氏名(自筆)と捺印の両方、必要です。
    未成年者(満19歳以下の場合)は、親権者が署名と捺印をしてください。
  • 署名・捺印をデジタルツール(グラフィックソフト)で記入しても良いですか?
  • いいえ、手書きでお願いします。

プレゼンテーションシートについて

  • プレゼンテーションシートは、絵や文字を手書きで書いても大丈夫ですか?
  • 大丈夫です。手書き、コンピュータ出力、写真貼付など、表現は自由です。レイアウトやカラーの指定もありません。訴求したい方法を自由にお考えください。ただし、サイズはA3、枚数は1枚(片面)を厳守してください。また、立体物の貼付に関してはシート状が保持できる範囲であれば結構です。
    また、返却いたしません。必要に応じて控えを残してから提出してください。
  • A3サイズ1枚に入りきれないので、2枚になりますが大丈夫ですか?
  • いいえ、必ず片面1枚にまとめてください。複数枚の場合、応募は無効となります。また、裏面も使用しないでください。
  • プレゼンテーションシート以外に、模型や解説資料、補足資料などをつけて提出しても良いですか?
  • いいえ、必ずプレゼンテーションシート1枚の中に説明内容をまとめてください。
  • 提出後にプレゼンテーションシートの差し替えをしたい場合、どうすればよいでしょうか?
  • 改めて応募用紙と共に差し替えたプレゼンテーションシートを提出してください。

提出方法について

  • プレゼンテーションシートはスチレンボードや厚紙に貼っても良いですか?
  • いいえ、プレゼンテーションシートはボードなどに貼らないでください。また、応募用紙とプレゼンテーションシートの裏面同士を重ね、「右上をステープラー」で留めてから提出してください。
  • プレゼンテーションシートを2つ折にして送付しても大丈夫ですか?
  • 丸めず、折らずお送りください。
  • 複数応募する場合、封筒も別々にしないといけませんか?
  • いいえ、まとめて封入して結構です。
  • 郵送・宅配便ですと締切りに間に合わないような気がするので、バイク便、もしくは直接事務局へ持参しても良いですか?
  • いいえ、応募受付は郵送・宅配便のみで受け付けます。また、事務局は土日祝は休業しております。できるだけ余裕をもって提出するようにしてください。また、FAXやメールなどでも受け付けません。

結果発表について

  • 結果はいつどのような方法で発表されますか?
  • 2017年10月13日(金・予定)に、東京ミッドタウンのホームページ等を通じて発表します。受賞者にはその前に事務局から直接電話、メール等で通知します。なお、応募者全員への個別通知はいたしません。
  • 発表期間前後は不在になる可能性があるので、先に教えてもらうことはできますか?
  • いいえ、できません。発表前の問い合わせには一切応じません。
  • 応募要項の応募条件・権利規程および応募に関する諸注意に「展示および商品化ために、模型を長期間にわたってお借りする場合があります。 また、新たに模型などを制作する場合がありますが、その費用に関しては、受賞者負担とさせていただきます。」との記載がありますが、作品模型は受賞者が自ら制作するのですか?
  • はい、受賞者ご本人に、作品模型の制作をお願いしております。ただし、高校生以下の方が受賞された場合、作品模型の制作にあたり、必要に応じて、事務局よりアドバイスをさせていただきます。

展示について

  • 授賞式や展示の日程はいつ頃決まりますか?
  • 授賞式は10月13日(金)、展示は同じ10月13日(金)~11月5日(日)を予定しております。
  • 受賞した場合、授賞式への出席に伴う交通費は支給されますか?
  • 交通費や滞在費などは受賞者負担でお願いします。

商品化について

  • 受賞した作品は必ず商品化されるのですか?
  • いいえ、主催者は受賞作の商品化を積極的にサポートしますが、各種の事情で商品化に至らない可能性もあります。また商品化が出来ないことが判明しても、受賞を取り消すようなことはありません。

その他

  • 源泉所得税について教えてください。
  • 賞金のお支払する際、東京ミッドタウンマネジメント株式会社より事務局運営を受託する株式会社JDN(以下支払者)から、税務署へ源泉所得税および、復興特別所得税を納付しなければならないため、賞金から、源泉所得税額および復興特別所得税を控除した金額をお支払しております。税務署への納付後、支払者から個人へ支払調書が送付されますので、確定申告などの際の証憑としてご使用いただくこととなります。大切に保管してください。
  • 復興特別所得税とは何ですか?
  • 東日本大震災の復興の財源確保のため、2013年(平成25年)から2037年(平成49年)までの25年間にわたり、基準所得税額に対し課税される税です。税率は2.1%。税額は基準所得税額 × 2.1%となります。