• Tokyo Midtown Awardとは?
  • アートコンペ
  • デザインコンペ
  • アワードニュース
  • これまでの受賞者の声
審査員

デザインコンペ

動画

  • アワードビデオ

ブログ

  • スタッフブログ

受賞結果

  • Midtown Award 2016
  • Midtown Award 2015
  • Midtown Award 2014
  • Midtown Award 2013
  • Midtown Award 2012
  • Midtown Award 2011
  • Midtown Award 2010
  • Midtown Award 2009
  • Midtown Award 2008

審査員

小山 薫堂/Kundo KOYAMA

小山 薫堂/Kundo KOYAMA

放送作家/脚本家/
N35inc・(株)オレンジ・アンド・パートナーズ代表/
東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科長

Message
第9回目となったTokyo Midtown Award 。個人的には、これまでの中で最も期待が膨らむテーマです。というのも、僕は無類の記念日好き!他人の記念日をお祝いすることも好きですし、何でもない日に記念日の魔法をかけることも得意です。
そもそも記念日は「コト」を作り上げる“視点の装置”。これにデザインの要素を和えることで、どんな価値が生まれるのか?千点以上の作品が並ぶ審査テーブルを想像しただけで、ワクワクしてきます。
あなた自身の最高のアニバーサリーを作り出すためにも、入賞を目指して頑張ってください!

略歴

放送作家。脚本家。1964年6月23日熊本県天草市生まれ。
日大芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。
「カノッサの屈辱」「東京ワンダーホテル」「ニューデザインパラダイス」など斬新なテレビ番組を数多く企画。 「料理の鉄人」「トリセツ」は国際エミー賞に入賞した。
2008年公開された「おくりびと」が初めての映画脚本となるが、この作品で第60回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞獲得をはじめ、国内外で高い評価を受けた。 現在、「小山薫堂 東京会議」(BSフジ)などを担当し、近著に「パチパチのほし」(千倉書房)、「じぶんリセット つまらない大人にならないために」(河出書房新社)などがある。
また、2010年NHK紅白歌合戦白組企画で使用、2011年NHK紅白歌合戦イメージソング、第八十回NHK全国学校音楽コンクール小学校部門課題曲にもなった「ふるさと」などの作詞も手がける。
現在、作家以外の活動としては、ラジオパーソナリティ、熊本県 地域プロジェクトアドバイザー、下鴨茶寮 主人、京都館館長、若手料理人コンペティションRED U-35総合プロデューサー等を務める。くまモンの生みの親でもある。

関連サイト

佐藤 卓/Taku SATOH

佐藤 卓/Taku SATOH

グラフィックデザイナー/佐藤卓デザイン事務所 代表取締役

Message
Tokyo Midtown Award は、回数を重ねながら、独特のアワードに育ってきました。この場合の「独特」というニュアンスを言葉にすると、プロダクトの王道でもなく、稚拙でただ面白いだけのアイデア商品でもない、ちょうど中間のモノ、ということだと思います。一言で言うと「面白くて、ちゃんと使える物。」ということなのでしょう。今年もチャーミングで、つい自分が使いたくなってしまうモノに出会えるのを、楽しみにしております。

略歴

1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了、株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。
「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」「エスビー食品 SPICE&HERB」などの商品デザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE 」のグラフィックデザイン、金沢21世紀美術館や全国高校野球選手権大会のシンボルマーク、企業ロゴを手がける。
また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のアートディレクター、「デザインあ」の 総合指導、21_21 DESIGN SIGHTのディレクターも務めるなど、多岐に渡って活動。
最近の展覧会に「縄文人展」(2012年 国立科学博物館)、「デザインあ展」(2013年 21_21 DESIGN SIGHT)、「コメ展」(2014年 21_21 DESIGN SIGHT)、「MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事」(2016年3月開催)がある。
著書『デザインの解剖』シリーズ、『クジラは潮を吹いていた。』など。

関連サイト

柴田 文江/Fumie SHIBATA

柴田 文江/Fumie SHIBATA

プロダクトデザイナー/武蔵野美術大学教授

Message
その日が来るのを楽しみに、そして誰かと一緒にその日をお祝いする記念日、「Anniversary アニバーサリー」が今年のテーマです。日常の中のささやかな記念日や、特別な記念日にデザインはどんな楽しさを提供できるでしょうか。記念日までのプロセスや、記念日の当日、そして次の記念日に向けてなど、時間の経過にあわせて考えてみるのも良いかもしれません。今年も沢山のアイデアに出会えるのを楽しみにしています。

略歴

山梨県生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、東芝デザインセンターを経て1994年Design Studio S設立。
エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションまで、インダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動をしている。
主な作品に、無印良品「体にフィットするソファ」/オムロン「けんおんくん」/カプセルホテル「9h (ナインアワーズ)」/JR東日本ウォータービジネス「次世代自販機」/庖丁「庖丁工房タダフサ」/木のおもちゃ「buchi」などがある。毎日デザイン賞/グッドデザイン賞金賞/ドイツiFデザイン賞金賞/アジアデザイン賞大賞・文化特別賞・金賞/JCDデザインアワード大賞/ドイツred dot design award賞など多数受賞。著書「あるカタチの内側にある、もうひとつのカタチ」(ADP)

関連サイト

原 研哉/Kenya HARA

原 研哉/Kenya HARA

グラフィックデザイナー /武蔵野美術大学教授/
日本デザインセンター代表

Message
2017年で10周年を迎える東京ミッドタウンであるが、今回のお題は、東京ミッドタウンのためのアニバーサリーではなく、
それにことよせての、一般的な「記念日」というお題であると思う。ことさら大げさに振りかぶったものではなく、
かといって生真面目に真心を差し出す面はゆさをも上手に払拭し、すがすがしくも痛快に人の心に突き刺さるようなアイデアを期待したい。

略歴

1958年生まれ。グラフィックデザイナー。武蔵野美術大学教授。日本デザインセンター代表。2002年より、無印良品のアートディレクションを担当。 「もの」ではなく「こと」のデザインを志向している。デザインという語の意味を問い直しながら世界各地を巡回し、広く影響を与えた「RE DESIGN」展(世界インダストリアルデザインビエンナーレ、インダストリアル・グラフィック両部門大賞、毎日デザイン賞受賞)をはじめとして、 「HAPTIC」「SENSEWARE」など既存の価値観を更新するキーワードを擁する展覧会を制作し世界に巡回。また、長野オリンピックの開・閉会式プ ログラムや、愛知万博のプロモーションでは、深く日本文化に根ざしたデザインを展開した。AGF、JT 、KENZO などの商品デザインのほか、松屋銀座リニューアル、瀬戸内国際芸術祭、代官山蔦屋書店などを手がける。一連のデザイン活動によって 日本文化デザイン賞ほか受賞多数。著書『デザインのデザイン』および『白』は世界各国語に翻訳されている。

関連サイト

水野 学/Manabu MIZUNO

水野 学/Manabu MIZUNO

クリエイティブディレクター/
good design company 代表/慶應義塾大学特別招聘准教授

Message
2017年に10周年を迎える東京ミッドタウン。
これまでのデザインアワードの受賞作品から、
数々のヒット商品が生まれていることは皆さんご存知のことと思います。
しかし、それらの商品の売り上げが、
ロイヤリティーとなって受賞者の次回作の源となっていることは、
あまり知られていないのではないでしょうか。
実はこのコンペティションにはそんな魅力もあるのです。
みなさんのデザインが、世の中の気づきに繋がり、
その夢がまた、次の夢に繋がるかもしれません。

略歴

1972年東京生まれ。1996年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。1998年good design company設立。
ブランドづくりの根本からロゴ、商品企画、パッケージ、インテリアデザイン、コンサルティングまで、トータルにディレクションを行う。
主な仕事に、NTTドコモ「iD」、「農林水産省」CI、「東京ミッドタウン」、熊本県キャラクター「くまモン」、 「東京都水泳協会」ロゴ・キャラクター、中川政七商店、VERY×ブリヂストン自転車「HYDEE.B」「HYDEE.Ⅱ」、 久原本家、台湾セブンイレブン「7-SELECT」、興和「FLANDERS LINEN PREMIUM」「テネリータ」、黒木本店、 首都高事故削減プロジェクト「TOKYO SMART DRIVER」、「ラーメンズ」ほか。
著作に『センスは知識からはじまる』(朝日新聞出版より2014年刊行)ほか。
関連書籍に『デザインノートEXTRA good design company 水野学』(誠文堂新光社、2013年)。
自ら企画運営するブランド『THE』では、“世の中の定番を新たに生み出すこと”をめざし、クリエイティブディレクションを担当する。

関連サイト

応募方法

応募にあたって、「登録はこちら」から応募者情報を登録してください。
発行された『登録番号』を応募用紙に記入し、応募シートと共に、受付期間内に事務局へ送付してください。

登録受付期間:2016年7月25日(月)まで

※登録受付を締め切りました。

応募用紙

ダウンロードし「A4」の紙に出力してください。
登録番号と必要事項を、日本語で記入してください。
「応募条件・権利規定および応募に関する諸注意」をご熟読し同意の上、署名と捺印をしてください。

※募集を締め切りました。

データでの提出はできません。
応募は郵送・宅配便のみで受け付けます。事務局への直接持参、バイク便、FAX、メールなどでは提出できません。
日本語以外での言語で記載された書類は受け付けることができません。
複数件応募する場合も、応募用紙は作品案1点につき1枚必要となります。
応募書類の返却はいたしません。
ページの先頭へ戻る