アワードニュース

アワードニュース

2018年11月8日Award News

Tokyo Midtown Award 2018 受賞作品展を開催中です。

2018年10月19日(金)に各賞を発表した「Tokyo Midtown Award 2018」。11月11日(日)まで、東京ミッドタウン プラザB1にて全受賞・ファイナリスト作品を展示中です。

  • 会期:2018年10月19日(金)~11月11日(日)
  • 展示会場:東京ミッドタウン プラザB1 メトロアベニュー

ここで、今年の展示の見どころをご紹介します。

■ デザインコンペ

デザインコンペの受賞作品は10作品。毎日多くの人が行きかうプラザB1メトロアベニューのメイン会場にて、各作品模型と、プレゼンテーションシート、審査員コメントをご覧いただけます。

鈴木康広さん

手前は受賞者に贈呈されたトロフィーで、アーティストの鈴木康広さんがデザイン

鈴木康広さん

今回注目したいポイントは、プレゼンテーションシートと審査員コメントの展示。各作品の作者がどのようにテーマ「HUMAN」と向き合ってコンセプトを練り上げたのか、審査ではどんなところに評価が集まったのか……作品が生まれ、受賞・入選するまでのプロセスを知ることができます。

グランプリ「黄金比箱」/JDS

グランプリ「黄金比箱」/JDS

優秀賞「SHADOW CLONE TECNIQUE」/竹下早紀、「肌羹」/仲野耕介、「年記-NENKI-」/H&F

優秀賞(左から)「SHADOW CLONE TECNIQUE」/竹下早紀、「肌羹」/仲野耕介、「年記-NENKI-」/H&F

受賞作品と並んで、過去10回の受賞作のうち商品化・イベント化された17点を展示中です。「富士山グラス」「歌舞伎フェイスパック」などの定番化した商品から、2018年グッドデザイン賞を受賞した「浮世絵プチプチ」や、今年9月に商品化されたばかりの「東京はしおき」も。

受賞作品と並んで、過去10回の受賞作のうち商品化・イベント化された17点を展示中です。

■ アートコンペ

アートコンペ受賞作品6点も、パブリックスペースであるプラザB1にて11月11日(日)まで展示しています。(マップはこちら
今年の展示は例年と異なり、一部の作品が時間とともに変化していきます。

グランプリを受賞した青沼優介さんによる「息を建てる/都市を植える」は、たんぽぽの綿毛で都市を表現した作品。展示中大きく崩れるアクシデントに見舞われましたが、“新陳代謝する都市“というコンセプトに沿い、復旧しながら展示を続けています。

作品崩壊にあたり作家が発表した声明も展示。

作品崩壊にあたり作家が発表した声明も展示。「壊れた作品を受け入れながら、明日からの都市に期待してください」とのこと※11月1日に復旧させました

優秀賞/審査員特別賞を受賞した田中優菜さんによる「愛おもう屋台」は、展示期間中に作家が作品前に立って鑑賞者とコミュニケーションをはかり、それを展示装飾に反映させる参加型の作品。

年齢も国籍もさまざまな人が足を止め、作者と対話しています。多種多様な人が訪れる東京ミッドタウンの場所性を活かした作品です

年齢も国籍もさまざまな人が足を止め、作者と対話しています。多種多様な人が訪れる東京ミッドタウンの場所性を活かした作品です

このほか平面作品「星圖」「普通の日」「時は建築家、民衆は石工」、「愛おもう屋台」の延長線上にある「"Stand Up!"」も、ぜひ足を止めてじっくりご覧ください。アートコンペのテーマは応募者が自由に設定。作家それぞれが設定したテーマにふれ、想いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

下村奈那さん「星圖」 YU SORAさん「普通の日」

左:下村奈那さん「星圖」(写真左)は『都市に眠っている夜空を、ここ東京ミッドタウンに出現させた』というコンセプト
右:YU SORAさん「普通の日」(写真右)は、『他人には見せる事もない生活の一場面を通して、人はみんな同じく生きているんだという安心感を感じさせる』というねらい

泉里歩さん「時は建築家、民衆は石工」

泉里歩さん「時は建築家、民衆は石工」『何かに圧倒される感動に人々を引き込みたい』という思いで始まった作品

髙 瑞雪さん「

髙 瑞雪さん「"Stand Up!"」は、座ったままでいる犬の置物たちを立ち上がらせる試み

■ あなたも審査員に。東京ミッドタウン・オーディエンス賞開催

あなたも審査員に。東京ミッドタウン・オーディエンス賞開催 あなたも審査員に。東京ミッドタウン・オーディエンス賞開催

展示会場では、展示されているデザインコンペ、アートコンペ受賞作品それぞれの中から、お気に入りの作品に投票ができる、「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」を開催しています。最も多くの票を獲得した作品が「東京ミッドタウン・オーディエンス賞」に輝きます。また、作家への応援コメントも頂戴していますのでぜひ参加してみてください。

応援コメントを頂いた方の中から抽選で5名様に素敵なプレゼントをお贈りします。

展示は11月11日(日)まで。ぜひ足をお運びください。