デザインコンペ

デザインコンペ

審査員

石上純也 Junya Ishigami

  • 石上純也/Junya Ishigami
  • 建築家

    東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了後、妹島和世建築設計事務所を経て2004年石上純也建築設計事務所を設立。
    主な作品に、神奈川工科大学KAIT工房・KAIT広場、Vijversburgビジターセンター(オランダ)、ボタニカルガーデンアートビオトープ/水庭、2019年サーペンタインギャラリーパビリオン。
    2018年パリ カルティエ現代美術財団でFreeing Architecture 自由な建築展。2009年日本建築学会賞(作品)、2010年ヴェネチア・ビエンナー レ第12回国際建築展金獅子賞、2010年毎日デザイン賞、2019年Obel Awardなど受賞多数。

コメント

「旅」とは何か。今、僕たちに必要な「旅」とはどういうものなのだろうか。あたらしい世界に目を向けるチャンスとして「旅」について想いを巡らせてください。

伊藤直樹 Naoki Ito

  • 伊藤直樹/Naoki Ito
  • クリエイティブディレクター/アーティスト/起業家

    2011年、未来の体験を創造し社会にインストールするクリエイティブ集団「PARTY」を設立。現在、クリエイティブディレクター兼CEOを務める。WIRED日本版クリエイティブディレクター。京都芸術大学情報デザイン学科教授。The Chain MuseumやStadium Experimentなどの事業もおこなう。アート作品に日本科学未来館の常設展示「GANGU」、森美術館「未来と芸術展:2025年大阪•関西万博誘致計画案」など。受賞歴はグッドデザイン賞金賞、メディア芸術祭優秀賞など国内外で300を超える。

コメント

自分が考えたアイデアをみずからプレゼンできる。そして、そのアイデアをあわよくば実現できる。さらに、それがミッドタウンで展示され、多くの人に知ってもらえる。さらにさらに、賞金ももらえて、ミラノサローネにも連れて行ってもらえる。審査員ですけど、応募していいんでしたっけ?って思うほど、個人的にはとても魅力的なデザインアワードです。アイデアをカタチにしたいと強く思っている人に、ぜひ応募してほしいと思います!

えぐちりか Rika Eguchi

  • えぐちりか/RIKA EGUCHI
  • アーティスト/アートディレクター

    北海道帯広生まれ。多摩美術大学大学院工芸科ガラス専攻卒業。電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。著書絵本「パンのおうさま」シリーズが小学館より発売。 広告、アート、プロダクトなどの分野で活動中。主な仕事に、SoftBank 「5G Project」「iPhone 12 PRO」、ARASHI EXHIBITION “JOURNEY”、ORBIS DEFENCERA、PEACH JOHN、CHARA、木村カエラ等のアートワークなど。イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞銀賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、インターナショナルアンディーアワード銀賞、JAGDA賞、JAGDA新人賞、ACC賞シルバー、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位、LIBRO絵本大賞4位、他受賞多数。青山学院大学総合文化政策学部えぐちりかラボ非常勤教員

コメント

当たり前なことは何もないからこそ、今この瞬間を大切に。
常識もセオリーも一旦全て忘れて、脳みそを自由に解放してみましょう。
あなたらしくて新しいアイデアに期待しています。

川村元気 Genki Kawamura

  • 川村元気/Genki Kawamura
  • 小説家/フィルムメーカー

    1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、初小説『世界から猫が消えたなら』を発表し、同作は21カ国で出版され200万部を超えるベストセラーとなった。16年に公開された映画『君の名は。』は、全世界の興行収入が400億円を超えるヒットとなり、アジア各国で歴代の日本映画の最高興行収入を記録した。18年、初監督作品『どちらを』が第71回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に選出される。他著に小説『億男』『四月になれば彼女は』『神曲』、対話集『仕事。』『理系。』、翻訳を手がけた『ぼく モグラ キツネ 馬』など。2022年9月に、原作・脚本・監督を務める映画『百花』(主演:菅田将暉・原田美枝子)が公開予定。

コメント

「観光客は着いたときに帰ることを考え始めるが、旅人は帰らないこともある」
映画『シェルタリング・スカイ』の冒頭でこんな台詞がある。
旅とは通常「行って帰ってくる」ものだ。けれども僕たちがこれから旅立つ世界、そして帰ってくる世界は、今までのそれとはきっと違っている。飛行機にも乗れず海外にも行けなくなった。マスクなしで外を歩くこともなくなった。世界がどんな景色でどんな匂いだったのか、僕たちは忘れてしまっている。そんな変わってしまった世界(もしくは人間)にとってデザインがどうあるべきか、その答えを期待している。

中村勇吾 Yugo Nakamura

  • 中村勇吾/Yugo Nakamura
  • インターフェースデザイナー

    ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。1970年奈良県生まれ。東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学教授。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ『tha ltd.』を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。
    主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDIスマートフォン端末『INFOBAR』のUIデザイン、NHK教育番組『デザインあ』のディレクションなど。
    主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞など。

コメント

旅、してないですよね。ここまで旅と離れていると、逆にだからこそ見えてくるものがあるのかもしれません。 そもそも私たちは旅に何を求めていたのでしょうか。改めて旅を客観視することで、これまでになかった新しい旅の目的や、場所、過ごし方、そんなものが見えてくると良いなと思っています。