デザインコンペ

審査員

石上純也 Junya Ishigami

  • 石上純也/Junya Ishigami
  • 建築家

    スタンダードであるものは、ある意味で危険な存在である。
    その成り立ちをわすれ、その存在意義を考えずとも、使いこなすことができる。
    いわば、人間の動作のショートカットのような存在である。
    その形骸化された動作の本当の意味を考え、一から捉え直す行為は創作活動の根本的な意義ではないかと思う。
    日常の基本的な所作は、時代が移り変わることによってゼロから書き換えられるものではなく、気の遠くなるような過去からのものすごい情報量の集積から成り立っている。その膨大な情報のひとつひとつを丁寧に紐解き、現代的な情報をそのなかに馴染むように挿入し、バランスよく配列し直し、新しい価値観を生み出す。それは、過去からの価値観を受け継ぎながらも、全く目にしたことがないものかもしれない。そういう感覚の提案をみてみたい。

略歴

1974年、神奈川県出身。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了、妹島和世建築設計事務所を経て2004年、石上純也 建築設計事務所を設立。主な作品に「神奈川工科大学KAIT工房」など。2008年ヴェネチア・ビエンナーレ第11回国際建築展・日本館代表、2010年豊田市美術館で個展『建築のあたらしい大きさ』展などを開催。日本建築学会賞、2010年ヴェネチア・ビエンナー レ第12回国際建築展金獅子賞(企画展示部門)、毎日デザイン賞など多数受賞。

伊藤直樹 Naoki Ito

  • 伊藤直樹/Naoki Ito
  • クリエイティブディレクター

    自分が考えたアイデアをみずからプレゼンできる。そして、そのアイデアをあわよくば実現できる。さらに、それがミッドタウンで展示され、多くの人に知ってもらえる。さらにさらに、賞金ももらえて、ミラノサローネにも連れて行ってもらえる。審査員ですけど、応募していいんでしたっけ?って思うほど、個人的にはとても魅力的なデザインアワードです。アイデアをカタチにしたいと強く思っている人に、ぜひ応募してほしいと思います!

略歴

1971年静岡県生まれ。早稲田大学卒業。NIKEのブランディングなどを手がけるワイデンアンドケネディ東京を経て、2011年、未来体験を社会にインストールするクリエイター集団「PARTY」を設立。現在、クリエイティブディレクター兼CEOを務める。また、雑誌WIRED JAPANのクリエイティブディレクターや京都造形芸術大学情報デザイン学科教授を務める。成田空港第3ターミナルの空間デザインでは、グッドデザイン賞の金賞を受賞。Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017インスタレーション『でじべじ –Digital Vegetables– by PARTY』の総合演出なども手がける。その他、メディア芸術祭優秀賞、NYワンショー、イギリスD&AD、カンヌ国際クリエイティブ祭、東京コピーライターズクラブなど、受賞歴は国内外で250を越える。「クリエイティビティの拡張、領域横断」をテーマに、表現のみならず、新規事業などのビジネスクリエイティブも行う。PARTYでは、クリエイターのコレクティブオフィス「石(イシー)」グループとして、東京にTOKO、鎌倉にSANCIなどを展開したり、スマイルズ遠山正道氏とアートの民主化を目指すThe Chain Museumを共同事業化。展覧会に『OMOTE 3D SHASHIN KAN』(2012)、『PARTY そこにいない。展』(2013)など。著作に『伝わるのルール』などがある。作品集に『PARTY』(ggg Books)。

関連サイト

えぐちりか Rika Eguchi

  • えぐちりか/RIKA EGUCHI
  • アーティスト/アートディレクター

    社会のためになることを考えて、自分のためにもなる。通れば最高、通らなくても学びにつながる。チャレンジしない理由を見つける方が難しいコンペだと思います。
    「THE NEXT STANDARD」大きくてある意味何だってありなテーマです。難しく考えすぎずに、のびのびワクワクしながら、いろんな角度からまだ世の中にない発明を楽しんでください。
    たくさんの「!」「♡」に出会えることを楽しみにしています!

略歴

北海道帯広生まれ。多摩美術大学大学院工芸科ガラス専攻卒業。電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。著書絵本「パンのおうさまシリーズ」が小学館より発売。 広告、アート、プロダクトなど様々な分野で活動中。主な仕事に、「PEACH JOHN」CM・グラフィック、ベネッセこどもチャレンジbaby教材デザイン、ソフトバンク「PANTONE6」CM・グラフィック、TBS「TBS6チェン!」キャンペーン、PARCOやLaforet原宿などのファッション広告、日本とNYで開催したNTTdocomoドコモダケアート展「HOW TO COOK DOCOMODAKE?」トータルディレクション、「優香グラビア&ボディー」装丁、CHARA、木村カエラ等のアートワークなど。イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞銀賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、インターナショナルアンディーアワード銀賞、JAGDA賞、JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位、LIBRO絵本大賞4位、他受賞多数。青山学院大学総合文化政策学部えぐちりかラボ非常勤教員

関連サイト

川村元気 Genki Kawamura

  • 川村元気/Genki Kawamura
  • 映画プロデューサー/小説家

    次のスタンダードを作るのは、まさしくデザインの役目だと思います。そこから人間の行動や習慣、物語が立ち上がって来るような、そんなデザインとの出会いを楽しみにしています。

略歴

1979年生まれ。『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』などの映画を製作。2012年、初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。140万部突破のベストセラーとなり、米国、フランス、ドイツ、中国、韓国などで出版される。小説2作目『億男』も映画化され、76万部突破のベストセラーとなった。2018年、初監督映画『DUALITY』がカンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に選出された。

中村勇吾 Yugo Nakamura

  • 中村勇吾/Yugo Nakamura
  • インターフェースデザイナー

    今、私たちがごくあたりまえに使っている「ゼロ」という数は、人々の中に自然に在ったものではなく、5世紀頃のインドではじめて「発明」された概念だそうです。この「ゼロの発明」が、のちの計算数学の発展、ひいては現在までのテクノロジーの到達の大きな基盤となっていることは言うまでもありません。
    「未来のあたりまえ」について考えるということは、現在の常識を総合し洗練することではなく、これまでの常識と、これからの常識を決定的に分かつ「跳躍」について想像することだと思います。
    「いったんそれを体験してしまうと、もうこれまでの慣習には戻れない」-そんな不可逆な跳躍を生み出すデザインを期待しています。

略歴

ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。1970年奈良県生まれ。
東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学教授。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ『tha ltd.』を設立。
以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。
主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDIスマートフォン端末『INFOBAR』のUIデザイン、NHK教育番組『デザインあ』のディレクションなど。
主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞など。

関連サイト