アワードニュース

アワードニュース

2019年9月5日Award News

【デザインコンペ】2次審査(最終審査)に進む10組が決定しました。

デザインコンペ 1次審査の様子

デザインコンペ 1次審査の様子

8月22日(木)にデザインコンペの1次審査(書類審査)を実施し、応募総数1,016点の中から、2次審査(最終審査/模型・プレゼンテーション審査)に進むファイナリスト10組を決定しました。

●ファイナリスト10組 登録番号:氏名(グループ名) ※敬称略

  • 771:槇野結・渡辺光
  • 842:高橋鴻介・和田夏実・中山桃歌(MAGNET)
  • 902:河合航路・南和宏・西川佳織
  • 905:守本悠一郎・越出つばさ・小林優也・有村大治郎(NEWPLAIN)
  • 934:三谷悠・柿木大輔・八幡佑希(nyokki)
  • 984:鳥山翔太・柳澤駿
  • 991:髙橋琴子
  • 1006:吉田隆大・北浦俊(YK)
  • 1009:比護拓郎
  • 1131:伊藤かをり・大村龍也

1次審査 審査員総評

石上純也
去年に比べて今年は選びやすかったです。ただ、『元々あるスタンダードをどう変えるか』の提案が多かったけど、『今までなかったものをスタンダードにする』という作品は今のところ見当たらない。そういうのを見つけたいと思っているけど、今回の作品の中では、すぐには見つかりませんでした。『元々あるスタンダードを今の価値観に置き換える提案』に関しては、ある程度クオリティが担保されたものが多いように見えました。
『考え方』とは大きく話が違ってしまいますが、自分がいざ何を選びたいか、何を買いたいかと考えた時に、『美しさ』や『見た目の力』というのがデザインの最終的な意義になると思っています。コンセプトを超えて、新しい美的価値観が出てくることを期待したいと思います。
伊藤直樹
昨年よりコンセプトがはっきりした作品が多く、良いものも見つかるんじゃないかなと思いました。
アイデアとクラフトが高次元でバランスのとれた素敵な作品に出会いたいと思っています。
選ばれた10作品は、ブラッシュアップすれば途端に良くなるものが結構あると思います。2次審査ではブラッシュアップを含めてプレゼンを見ていきたい。そうすると『現実味があるか』などが見えてくると思います。法規制や類似作品のような、調べれば出てくる課題があると思うんですよね。フィージビリティスタディもよくして、2次審査のプレゼンで打ち返してきて欲しい。また、プレゼンでは応募シートには書いていない、新しいことを聞きたいと思っています。
えぐちりか
1次審査で、良いなと思う作品はたくさんあったのですが、テーマの『THE NEXT STANDARD』に沿うかという点で悩みました。次のスタンダードになる、いい10作品が選ばれたと思います。
今回の審査で10作品選んだからには、社会に浸透してほしいし、世界に出てほしいと願っています。作品が最終的に社会に出ることなく、考え方の提案で終わってしまうことが結構あるので、本当に評価されて考え方を変えるところまで練ってプレゼンテーションに臨んでほしいです。
審査員みんなで選んだものですが、このままだと弱いと思うので、2次審査で感動できるところまで作品がブラッシュアップされるかどうかに期待したいです。
川村元気
この賞をキッカケに生活の中に新しいアイデアやデザインが組み込まれると良いなと思いながら審査しました。10作品の中には、デザインというよりは「考え方」が特徴的なものも選ばれました。そのような、アイデアは面白いけどデザインに課題があるものをどうブラッシュアップするのか、2次審査を楽しみにしたいと思います。
物語を作るときも感じますが、インターネットを検索すると類似がたくさんあるわけです。何にも似ていない、というものはなかなか存在しないと思います。そういうときに何で差がつくのか、それが広義な意味でのデザインの力だと思っています。
中村勇吾
『THE NEXT STANDARD』。難しいハードルですよね。そのものずばりの作品であれば急に今までのものが古いものになると思います。そこまでいかないけれど『こういうアイデアが世に出て実現されると広まりそう』というものはありました。
僕の TOKYO MIDTOWN AWARD のイメージは、乱暴に言うと『ちょっと気の利いたアイデアのプロダクト』ということなんですけど、『THE NEXT STANDARD』という大きなテーマに対して、このアワードの作品がどう見えるかということを考えて審査に臨みました。
このテーマは言ってみれば、次のデフォルト(標準値)をつくるということなので、そういうものになり得るか。2次審査のプレゼンテーションでは、作品の質や仕上がりはもちろんですが、それだけでなく、次のスタンダードになるという説得力を見たいと思います。

関連リンク

TOKYO MIDTOWN AWARD 2019 デザインコンペ
https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/design/